Home » オーナーブログ » 「知っている」と「やっている」

「知っている」と「やっている」エステサロンLiliale(リリアーレ)

2014年02月03日 category : オーナーブログ 

今日のテーマ「やっちまった(>_<)」 「知っている」と「やっている」とはまったく別!ということを 突きつけられる出来事をやらかしてしまいました。 今日はそれを皆さんに告白します^^ 半年ほど前から始めた体質改善。 コツコツ続けて順調に改善されてきていたものを ここへ来て逆回転!させてしまい悪化してしまったお話です。 どんなことだったかというと。 2013年7月より体の栄養状態の測定を始めました。 皮膚のカロテノイドの量を測定し、からだ全体の栄養状態をみるものです。 1回測って終わりではなく、 生活・食習慣の改善を行いながら定期的に測定して変化を見ていくためです。 食習慣を中心に見直して、測定するたびに栄養状態ランクがぐんぐん向上。 顔色も肌ツヤも良くなり、むくみは消え、 1ヶ月ぶりに会った友人から 「何かよくわかんないけど美しい」と言われたこともありました(本当です^^)。 それが今回はなんと1段階ダウン(>_<) 前回チェックは12月18日、今回1月13日。 この年末年始を挟んだ約1ヶ月間の食生活が鮮明に思い出され、 測定器を前にして私は嫌な予感をはっきりと感じていました。 「今日はいい、今度にする。1ヶ月しか経ってないし」とか言ってみたりして(^^; コドモかっ!!(笑) ご存知の通り、身体は口から摂り入れたものだけで作られています。 栄養状態をランクダウンさせてしまったこの26日間の私はどんな食生活だったかというと、 夜の外食(つまりアルコール付)が12回、 その他自宅の場合も帰省と年越しとお正月、友人が遊びにやってくる、、 というお祭りのような食事(そしてアルコール付)が多かった。 当然、メニューもお祭り的、栄養バランスはぐしゃぐしゃ。 昔の誰かの歌のように「隙あらば呑む♪何かにつけて呑む♪」みたいな感じでした。 あの楽し過ぎた食事(つまり宴会)を続けた代償が、しっかりとデータとなって表れたのです。 体感的にも 疲れが残る、肩や背中が凝る、むくむ、肌が乾燥する、、、 改善していた不定愁訴の数々もぶり返し、 身体のあちこちに栄養状態の悪さが症状として如実に表れる結果に。 ああ、もったいない(>_<) 「今日は測定したくない」と駄々をこねたくなったのは どういう生活が身体の状態を悪化させるかを知っているから。 そして測定結果が悪化していたのは、その悪いことを1ヶ月間しっかりやったから。 ああ、お恥ずかしい。。。 しかしここは前向きに^^ 身体に「良いこと」も「悪いこと」もやれば結果はその通りになる! データでも体感でもはっきりしたぞ!ということで 今日から気持ちを改めて精進しますよ^^

営業日カレンダー

Copyright(c) 2014 エステサロンLiliale(リリアーレ) All Rights Reserved.