Home » オーナーブログ » セルフマッサージ

セルフマッサージエステサロンLiliale(リリアーレ)

2012年05月20日 category : オーナーブログ 

「自分の顔は自分でマッサージしたりするんですか?」

 

お客様によく質問されるのですが、それはやはりなかなか難しい。

ある程度はできますが、お客様に施術するのを同じようにというわけにはいきません。

自分の手ではなく、「してもらう」からこその癒し効果でもあるし。

とはいえ、

「紺屋の白袴」になりすぎてはいけない、

お客様には私の肌を見て美意識のスイッチを入れるきっかけにしてほしいと

おこがましくも思っているわけでございます。

余裕があればエステやリフレなどに行きますが、基本はセルフケア。

日々の積み重ねがいかに大事か、ローションパックの威力を実感している私は

「一発逆転はないのだ」と肝に銘じて励もうと思っています。

そこでセルフマッサージ。

顔だけでなく、可能な限り全身を。

自分の体の隅々まで手が届くようにしておくと、

関節の可動域が狭くならず老化防止に役つので一石二鳥です。

 

手から伝わるもの、、、これは何にも替えられない最高のものです。

が、、

「自分の手」で「自分の体」をマッサージしていると

癒してるのか癒されてるのか、だんだんわからなくなってくるものです。

そこでこんなものを導入しました。

水牛の角でできたプレート。

大きさは、貴族がオホホと口元を隠す時の少しだけ開いた扇子くらい。

水牛の角は漢方薬としても使わるもので、それだけでもなんかよさそう!

少し前に美容雑誌を賑わせたカッサプレートは水牛の角か貴石でできているそうですよ。

カッサとは、悪血を浮き上がらせて体内の毒素を出し、血の流れを調える施術ですが

私が自分の体にこのプレートを用いるのはそのためというよりも、まんべんなく力を加えるため。

テレビを見ながらでもラクにできて、力も要らず汗だくにならずに済むからです。

 

体にオイルをつけてスルスルと滑らせる。

ただこれだけで赤くなるところとならないところがあるのは

血(毒素)が滞っているかどうか、ということなのでしょう。

私は、首の横と右鎖骨の下が特に強く赤くなりました。

赤味は2日くらいですっかり元通りになるので心配ありません。

オイルをつけるから肌はしっとりすべすべになるし、

セルライトをやっつけてくれそうな気もするし、

本格的な薄着の季節がやってくる前にちょうど良い美容気分の盛り上がり到来!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業日カレンダー

Copyright(c) 2012 エステサロンLiliale(リリアーレ) All Rights Reserved.